幼児・小学生・中学生の勉強の仕方を紹介します

学びのき

小学生 英語・英会話

自宅で英語の勉強がタップリできる!小学生におすすめする教材

小学校では英語の授業があります。現在は3年生から始まっていますが、英語に触れる授業は1年生から行われています。教えているのは担任の先生や英語専門の先生、海外から日本に来ているALTです。

勉強では予習・復習が大事とされていますが、英語も同じです。でも、「英語の勉強を家でどうやればいいの?」と思う人は多いはず。

そこで今回は、小学生の自宅学習にピッタリの英語の教材をおすすめします。一度購入すれば、英会話スクールやオンライン英会話にも引けを取らないものばかりです。お子さんの英語学習にお試しください。

 

小学生の英語の授業はこんな感じ

小学校では、どのような英語の授業が行われているのでしょうか?

親としてはよくわかりませんよね。中学校の英語の授業を想像する人も多いと思います。当然です。親が子供の頃にはありませんでしたから。
現在の小学校の英語の授業例を紹介します。

①英語であいさつ
②歌をうたう♪
③英語の言い方を聞く
④「どんな食べ物がすき?」「ハンバーグだよ!」など
⑤練習して、友達とインタビューごっこ
⑥英語で終わりのあいさつ

英語を書いたり読んだりするよりも、英語を聞いたり話したりすることを大切にしてあります。高学年になるにつれて、英語を書くことは多くなっていきますが、やはり中心は「英語を聞く・話す」です。

これは、英語に限らず、言葉の勉強をするときには、耳で聞くことから始めるほうが効率がいいからです。

 

小学校で大切なのは英語のシャワーを浴びること

小学校で大切にされていることは、英語をたくさん聞くことです。英語の授業時間は、先生もほとんど英語で会話をします。まるで、子供達は英語のシャワーを浴びているような感じです。

赤ちゃんが言葉を覚える場面をイメージしてみてください。

「ママだよ」「ママはね…」とたくさん話しかけられて、母親のことを「ママ」と言えるようになります。

英語も同じです。たくさんの英語を聞くことで、英語に慣れて、使えるようになっていくのです。

 

小学生におすすめする英語の教材

特に小学生におすすめな英語の教材は、音声がしっかりとしている教材です。紙の問題集や参考書ではありません。CDやDVDが付いている教材です。
まずは楽しく英語に触れることができるCD教材がこちらです。その名も『バナナじゃなくてBanana』。

 

子供が知っているバナナやチョコレートなどの日本語を、英語ではこう言うんだよと教えてくれます。ノリノリの音楽にのって楽しく英語の勉強ができる優れものです。全国の小学校でも使われているおススメ度№1の教材です。教材はイラストたっぷりの本とCDです。シリーズもありますので、使ってみて気に入られたら揃えてみるのもありです。

まずは、子供が楽しく英語に触れられるものがベストです。

次に紹介するのは七田式で有名になった『7+BILINGUAL』です。セブンプラスバイリンガルと読みます。

『バナナじゃなくてBanana』よりも値段が高くなりますが、やはり英語をきくということを大事にした教材です。

CDの枚数も増えて14枚。それに子供向けテキストやイラスト集がついてきます。かなりしっかりとした教材になりますので、『バナナじゃなくてBanana』からのステップアップにはピッタリです。

たった35日でうちの子が英語を話した!楽天4部門1位の英会話!<七田式>



低学年におすすめするのはDVDを見ながら楽しく学べる『Goomies』です。もともとアメリカの幼児用の教材なのですが、日本でも爆発的な人気です。英語の勉強に映像が欲しい場合はこちらがいいかも。

内容はお話・絵本や歌です。やはり英語を聞くことを大切にした教材です。

 

小学生の英語教材は、紹介してきたとおり「英語を聞く」ことを大切にした教材がおすすめです。いきなり書いたり、読んだりする教材はNGです。子供も長続きしない場合が多いです。

まずは、自宅で楽しみながら始められる教材から始めてみてください。

-小学生, 英語・英会話
-, ,

Copyright© 学びのき , 2020 All Rights Reserved.