幼児・小学生・中学生の勉強の仕方を紹介します

学びのき

小学生 おすすめ

【小学生の通信教育】ドラゼミは国語の力を育てる!国語は全ての勉強の基本!

小学生のお子さんにとって、国語は全ての基本となる力です。理科も社会も算数も、国語の力が十分ついていないと、なかなか伸びていきません。ドラゼミは、国語の力を高める教材です。

※『ドラゼミ』は終了し、現在は『まなびWITH』となっています。以後の内容は『ドラゼミ』についてのものです。

小学校では、教科の1年間の授業時間が決められています。国語や算数をどれくらいの時間勉強するのか決められているのです。小学校4年生では、次のようになっています。

教科 1年間に勉強する時間
国語 245時間
算数 175時間
理科 105時間
社会 90時間
音楽 60時間
図工 60時間
体育 105時間
道徳 35時間
特別 35時間
総合 70時間

これに英語や行事が加わってきます。最も多い教科が国語です。理科や社会の2倍以上の時間勉強します。国語が重要な教科だということです。

しかし、小学生にアンケートを取ると、苦手な勉強の第1位は大体が国語です。たくさん学校で勉強しているのに、国語が苦手と感じているお子さんは多いのです。

国語は日本語です。日本人が、日本語が苦手だと言っていることになります。ややおかしな現象ですよね。しかし現実です。

国語を苦手と感じているお子さんは、国語を何となく勉強していたり、ほとんど勉強していない場合が多いです。算数の計算練習はがんばっても、国語の勉強はやっていないのです。ですから、算数は得意になりますが、国語は自信がつかないのです。

実はこの「国語が苦手」は、笑い事では済まないことです。それは、すべての教科が、国語をもとにして勉強するようになっているからです。

例えば社会です。5年生になると、日本の工業や農業について勉強します。どのように勉強していくかというと、教科書を読んで勉強していくのです。

このとき、国語の読む力がないとどうなるでしょうか。社会の勉強なのですが、書いてあることがほとんど理解できないことになります。6年生になると、もっとものすごいことになります。歴史を勉強するからです。難しい名前や出来事がたくさん出てきます。国語の読む力がないと、意味がまるで分かりません。

算数でも同じようなことが起こります。算数で難しいの文章問題です。もうお分かりですよね。国語の読む力がないと、問題の意味が分からないのです。やや大げさのように感じるかもしれません。

もし、お子さんが56年生の場合、一度社会の教科書を音読させてみてください。驚く結果になるかもしれません。教科書を読めないお子さんは、実は多いです。この状態で勉強を頑張ったり、得意になったりするのは難しいです。全ては国語の力がついていないことが原因です。

ドラゼミは、国語と算数中心の通信教育です。特に国語の力をつけていきたい場合は、ドラゼミはピッタリの通信教育です。

名称は「まなびWITH」に変わりましたが、引き続き国語・算数を大切につくってあるようです。

 

初めて出会う文章で「読む力」がぐんぐん高まります

ドラゼミは教科書に合わせて作ってある通信教育ではありません。どういうことかというと、教科書で「小熊の親子」という物語を勉強しても、ドラゼミでは直接同じ物語を勉強しないということです。

ポピーは教科書に合った教材でした。ドラゼミは、全く違う教材です。教科書に合わせてない理由は、しっかりとした国語の力をつけるためです。特に読む力です。文章を読み、内容を理解する力は、国語で最も重要な力です。この読む力をつけていくためです。

もし教科書に合った通信教育なら、教科書に載っている物語が問題となるので、毎日の予習復習にはピッタリです。

しかし、教科書に載っている物語なので、授業で解説されたり、毎日音読したりして、一つの物語を何度も読んでいます。この状態では、本当に自分の力で文章を読み取る力はつきにくいです。

ドラゼミの文章は、教科書に載っていない物語ですので、お子さんが初めて読む物語になります。ですから、自分でじっくりと読み、内容を理解しなくてはいけません。そして問題に答えていくのです。

この「自分で読んで内容を理解する」ということが大切なのです。この練習を毎日続けると、どうでしょう。文章を読む力がぐんぐんとついていきます。これが、ドラゼミが教科書に合わせていない理由です。本当の文章を読む力を育てていきます。

ドラゼミは、毎日の授業の予習復習には向きませんが、確実に読む力をつける通信教育です。

「まなびWITH」でも、読む力がついていくように教材がつくられています。

 

ドラゼミの料金(月額)

ドラゼミは、国語と算数中心の通信教育です。教科をしぼってある分、毎月の料金も続けやすい料金に設定してあります。

基本は紙の教材ですが、会員になるとタブレット学習も追加できるようになっています。

【ドラゼミの料金(月額)】

学年 料金 主な教科
1年生 3333円 国語 算数
2年生 3333円 国語 算数
3年生 3657円 国語 算数
4年生 4089円 国語 算数
5年生 4413円 国語 算数
6年生 4737円 国語 算数

全て税込み価格です。

「まなびWITH」では、料金は3685円(1年生)~5555円(6年生)となっています。月額料金の詳細は公式サイトにてご確認ください。

ドラゼミの効果的な使い方

ドラゼミは、「テキスト」と呼ばれる教材で勉強する通信教育です。

テキストは、基本的なことが勉強できる基本ページと、考える力を伸ばすがんばりプラスから作られています。

勉強する時間は、学年×10分です。3年生なら30分、4年生なら40分です。学年にピッタリの勉強時間ですので、お子さんが無理することなく勉強が続けられるようになっています。

ドラゼミの効果的な勉強方法は、次のようにします。
①基本学習ページで教科書レベルの勉強

②がんばりプラスで応用力をつける

基本を身につけ、応用問題にチャレンジしていく勉強方法です。シンプルですが、たいへん分かりやすい勉強方法です。

漢字や言葉の勉強、文章から読み取る勉強、作文の勉強、音読など、国語の力が総合的についていくように工夫して作られています。

国語の力がついていくと、かなり良いことが起こります。それは、算数や理科社会の勉強が進むようになるということです。学校の勉強のあらゆる場面で「読む力」は必要とされています。

逆に考えると、読む力さえついていけば、どの勉強でも理解できるということです。特に小学校では、教科書を使って勉強していきます。教科書に書いてあることが理解できれば、勉強はどんどん進むことになります。

国語の力がつけば、社会や理科、算数の力もついていくということは、そういう理由からなのです。

ドラゼミで伸ばせるお子さんの力

ポピーの通信教育では、お子さんの3つの力を伸ばすことができます。

・自分で読み取る力
・1人で勉強する力
・続ける力

どれも大切な力ですが、一番重要なのが自分で読み取る力です。これさえ身につけば、全ての教科で役に立ちます。学年が進んでも、自分の力で勉強していくことができます。

しかし、国語の中でも、なかなか身につかないのが読む力です。

読む力をつける勉強方法としてよく言われるのが「読書」です。確かに読書は、お子さんの読み取る力をしっかりとつけてくれます。

ですが、残念なことに読む力がないと、読書しようとはしません。どれほど読書をすすめても、読むのが苦手なお子さんは、本自体に興味を示さないことが多いのです。

もちろん、読書を進んでする場合は、どんどん読書をすすめましょう。

 

ドラゼミのメリットデメリット

ドラゼミの通信教育のメリットは主に次の5つです。

・お子さんが無理なく続けられる
・続けやすい料金
・国語の力がつく
・読み取りのコツが分かってくる
・ドラえもんで分かりやすい

お子さんが無理なく続けられるということは、かなり重要なポイントです。どんなにすごい教材も、お子さんが勉強しようとしないでは意味がなくなってしまいます。

まずは勉強に取りかかりやすいことが大切です。学力がしっかりとついていくように研究された教材ですので、勉強を続ければメキメキと実力がついていきます。

日本で一番有名なアニメキャラクターであるドラえもんが登場します。ヒントを出したり、解き方を解説したりと、大活躍です。まさに勉強ができるようになる秘密の道具です。

ドラゼミのデメリットは理科と社会の教材が少ないところ

ドラゼミは国語と算数を中心とした通信教育です。理科と社会の教材は、「これだけ理科ノート」「これだけ社会ノート」が送られてきますので、これらの教材で勉強することになります。

これだけノートは、各学年で覚える必要があることを、分かりやすくまとめた教材です。ドラえもんも登場し、イラストで分かりやすく解説してくれます。

理科と社会については、やはり教材は少ないです。しかし、小学校の理科と社会の内容は、それほど多くはありません。毎日のお子さんの宿題を考えてみてください。

1週間のうちに、理科と社会の宿題は学校からどれくらい出されていますか?

国語の漢字練習や算数の計算練習は毎日のように出されていても、理科や社会の宿題はほとんど出されていないのではないでしょうか。

だからといって理科と社会の勉強を家でしなくていいわけではありません。「これだけ理科ノート」「これだけ社会ノート」を使って勉強すべきです。大切なポイントだけまとめてありますので、簡単に要点を勉強することができます。

理科と社会は、ポイントをしぼった勉強が効果的なのです。

 

ドラゼミはこんな教材が届きます

ドラゼミは、メインの「テキスト」と呼ばれる教材で勉強します。テキストは、「基本学習」と「がんばりプラス」で作られていて、基本と応用の力が身につくようになっています。

テキスト以外にも、学年ごとに特色ある教材が送られてきます。

小学校
1年生
「さんすうまるわかりブック」「かん字まるおぼえブック」「ひらめきずけいパズル」
小学校
2年生
「算数まるわかりブック」「かん字まるおぼえブック」
小学校
3年生
「算数まるわかりブック」「漢字まるおぼえブック」「これだけ理科ノート」「これだけ社会ノート」
小学校
4年生
「算数まるわかりブック」「漢字まるおぼえブック」「これだけ理科ノート」「これだけ社会ノート」「これだけ英単語ブック」
小学校
5年生
「算数まるわかりブック」「漢字まるおぼえブック」「これだけ理科ノート」「これだけ社会ノート」「これだけ英単語ブック」
小学校
6年生
「算数まるわかりブック」「漢字まるおぼえブック」「これだけ理科ノート」「これだけ社会ノート」「もっと英単語ブック」

勉強の中心は、国語と算数のテキストです。毎日時間を決めて少しずつ勉強を進めるようにします。

それ以外の教材は、勉強をサポートする教材なので、必要に応じて勉強するようにするとよいでしょう。

ドラゼミには、1週間分の無料お試しセットが準備されています。

まずはお試しセットを取り寄せて、お子さんに問題を解かせてみてください。

 

※ ドラゼミは終了いたしました。現在はより進化したナゾトキ学習「まなびwith」がスタートしています。

詳しくはこちらをご覧ください



-小学生, おすすめ
-,

Copyright© 学びのき , 2020 All Rights Reserved.