幼児・小学生・中学生の勉強の仕方を紹介します

学びのき

小学生

【小学生向け通信教育】ポピーの始め方・退会方法

ポピーは新学社という学校向けの教材を作成する会社が運営する小学生に人気の通信教育です。教科書に合わせて構成してあり昔から人気の通信教育です。入会方法や退会方法は分かりやすく簡単です。入会方法はWEB申し込みや電話などがありますが、WEB申し込みが時間を選びませんので便利です。退会する場合は担当のポピー支部に連絡してください。

ここで分かること!

・ポピーの始め方
・ポピーの退会方法

ポピーを受講するまでの流れ

ポピーを受講するまでの流れを紹介します。とても重要なことなのですが、必ず無料のサンプルで「お子さんが勉強を続けられそうか」試してください。いきなり定期受講して「想像していたものとは違った」などということにならないようにしましょう。

受講申し込みはポピーの公式サイトから行います。まずは公式サイトで「おためし(無料)見本申込み」という言葉のところをクリックします。最初の教材名のところは、お子さんの学年を選びます。あとは必須の項目を記入していきます。3分程度で入力は終了します。

大手の通信教育は、どこも無料のサンプルや体験期間があるので利用するようにします。お子さんが実際に問題を解いてみて、「よく分かる!!」と実感できた場合に正式な入会をするようにすべきです。「安いから」「テレビでよく見るから」で決めると、続かなかったり想像していたものと違ったりする場合が多いです。ちょっと面倒かもしれませんが、必ず無料体験を試すことから始めてください。
家庭学習教材【月刊ポピー】→今なら無料見本プレゼント!

地域によって違いますが、数日でサンプルの教材が届きます。お子さんがサンプルの問題を解いてみて、勉強がよく分かったと感じたら正式な申し込みに移ります。ポピーは、月額2700円~3400円で利用できる価格が安めの通信教育です。余計な付録が一切なく、費用は教材分のみです。時期によってはキャンペーン情報もありますので、まずはホームページをご覧になってみてください。

効果的な勉強方法

ポピーの効果的な勉強方法を紹介します。ポピー最大の特徴は、教科書に合わせて作られているところです。教科書に合わせてあるので、学校の授業の予習復習にピッタリの教材です。基本は学校での勉強ですので、最初に宿題から済ませます。宿題後には復習と予習に使います。

①小学校の宿題をする
②ポピーを使って勉強する
最初は復習から始めます。前日に勉強したところを読みます。
今日勉強するところを開きます。
・ ワークで復習・基本の確認

・ まんてんチェックで実力アップ

・ テストで力試し

1日の勉強時間は宿題後の15分間が目安です。
最初から1時間勉強など、長すぎると続きません。
今日は算数、明日は国語など、順番に勉強します。
必ず〇つけとやり直しをします。

 

ポピーを退会する方法

ポピーの退会方法については、教材を届けているポピー支部に連絡するようにします。

詳しくは公式サイトに説明がありますので、必ずご確認ください。

 

通信教育利用後の勉強について

通信教育を退会後の勉強については3つの方法があります。「自分で問題集を購入し勉強する」「塾や家庭教師を利用して勉強する」「違うメーカーの通信教育を利用して勉強する」です。

どれを選ぶかは、お子さんの勉強の進み方次第です。自分で選んだ問題集で自力で勉強できる場合は、間違いなくこの方法で勉強した方がいいです。最終的に自分で勉強する力がついていないと確実な学力アップにはつながりません。自分で勉強する力は中学校や高校での勉強にもつながります。

塾や家庭教師を利用する場合は、費用が高くなります。ですが人が直接教えるので、勉強の効果は高くなるはずです。(塾や家庭教師が合わないお子さんには逆効果です)

当サイトで繰り返しお伝えしていますが、通信教育はお子さんに合ったものを選ぶ必要があります。ポピーが合わなかった場合でも、他の通信教育が合う場合もあります。例えばタブレット学習を試してみる方法もあります。別の通信教育をお試しになる場合は、人気の通信教育についてまとめていますので、こちらを参考にどうぞ。

>>小学生の通信教育はどれがおすすめ?人気の7つを徹底比較

ポピーについてはこちらもどうぞ!

-小学生
-, ,

Copyright© 学びのき , 2020 All Rights Reserved.