幼児・小学生・中学生の勉強の仕方を紹介します

学びのき

小学生

小学生にタブレットは必要?勉強に役立つタブレットやアプリは?スマホは必要ない?

小学生のお子さんがいるご家庭では、必ず一度は考える問題です。結論からお伝えすると、小学生にタブレットは必要です。これからの学校、社会ではタブレットやパソコンを使う技能は絶対に必要だからです。

ですがスマホは必要ありません。スマホは画面が小さく、ゲームをするのには向いていますが、学びの役には立ちません。小さな文字と画面は、発達途中のお子さんの目にもよくありません。

これからご購入をお考えの場合は、勉強に役立つタブレットがおすすめです。タブレット操作にも慣れ、効率的に勉強ができるからです。

 

小学生には勉強用のタブレットが必要

小学生にタブレットは必要です。ただし勉強に役立つタブレットです。ゲームが無制限に入るタブレットはおすすめしません。結局ゲーム専用になってしまった…。よくある話です。親が管理できるタブレットや、勝手にアプリを入れられないものがいいです。

タブレットのメリット

小学生がタブレットを使うメリットは意外と多いです。

・タブレットの操作に慣れる
・知りたいことを自分で調べられる
・教科の勉強が進む
・ルールの勉強になる
・学校の勉強につながる

一番のメリットは、実はタブレット操作に慣れることができることです。現在小学生のお子さんは、近い将来必ずタブレット端末に触れることになります。その際、タブレットの操作を知っていて、自分がやりたいことから始められるお子さんと、タブレットの操作から勉強する必要があるお子さんとでは、スタートが違うからです。

知っている子は、どんどん先に進めますが、知らない子はしり込みしてしまうのが現実です。かつて小学校にパソコンが導入されたとき、全国の小学校で同じようなことが起きていました。

操作方法を知っていると、学校での授業にもつながっていきます。知っていて損はないことです。アプリや検索を使って、知りたいことを調べたり勉強したりできます。

すでに現在のタブレット学習の技術は、これまでの問題集を使った勉強方法に比べて進化しています。お子さんが分からないところや苦手なところを分析して問題を出したり、復習したりできます。当然、続ければ苦手が減っていくという仕組みです。まるで家庭教師並みの勉強ができます。当然有料のものになるのですが、一度試してみる価値はあります。

タブレットのデメリット

小学生のタブレット使用にはデメリットもあります。

・目が悪くなる
・時間が守れない
・ゲームばかりするようになる

お子さんの目については注意が必要です。長時間画面を見続けると、目によくありません。対策としては、ブルーライト軽減フィルムを画面に貼ること、30分ごとに休憩をすることです。かなり違ってきます。

時間とゲームについては、実はメリットともつながりがあります。家庭でのルール作りと、ルールを守ることを学ぶ機会になるからです。

おすすめは1か月ルールです。タブレットを与えてから1か月の間、お子さんと話し合ってルールを作っていく方法です。親も子も納得しながらルール作りができるので、お子さんもルールが守りやすい傾向があります。

ルールについては、守れなかった場合の対応が一番大切です。守れなかったら1週間没収など、必ず取り上げる期間を設けなければいけません。ここを親が守れないと、ルールはあって無いようなものになってしまいます。

ゲームについては、ゲームができないタブレットや親がアプリを管理できるタブレットにすることで防げます。

 

現在の小学校でのタブレット事情

小学校ではタブレットは使われているのでしょうか?

実は各都道府県、市区町村によって違います。ある地域の小学校では、タブレットはほとんど授業で使わないのに、隣の地域では一人が1台使えるタブレットが準備されている。これが現状です。特に地方の学校では、タブレットは意外と広がっていないようです。

パソコンに関しては、どの小学校もパソコン室があり、授業で使えるようになってきています。でも、パソコンの機種が新旧様々のようです。10年経つと古くて使えなくなるのがパソコンの難しさです。

今後タブレットが小学校に広がっていくかというと、各小学校で使えるようになっていくと思います。文部科学省は、デジタル教科書の利用を進めていますので、パソコンよりもタブレットが扱いやすいからです。今後の文科省、学校の動きに注目です。

 

タブレットを使った勉強の仕方【例】

タブレットは買ってルールを決め、お子さんに与えただけではあまり意味がありません。役立つアプリを入れたり、検索エンジンの使い方を教える必要があります。

アプリについては、無料で勉強に役立つものがたくさん開発されています。おもしろくてゲーム感覚で勉強できるものも多いです。しかし、系統立ててはないので、計算力がつく、漢字を読めるようになるなど、一つのことができるようにつくられています。総合的な学力をつけていくには、複数のアプリを組み合わせていく必要があります。

では、タブレットを使った勉強の仕方の例を紹介します。

【小学3年生の暗算練習の例】

小学校3年生は、足し算、引き算、かけ算、わり算が出そろう学年です。暗算の計算力をつけておくことで、算数の勉強がスムーズに進みます。
暗算する力をつけるためのおすすめアプリは次のようなものがあります。
・『暗算ダッシュ』
・『暗算トレーニング』
・『ひよこ暗算』
それぞれグーグルプレイから無料でインストールできます。

 

【小学6年生の調べ学習の例】

小学校も高学年になってくると、自分で分からないことを調べることができるようになって欲しいものです。おすすめは、ヤフーキッズかグーグルです。理解できるようであればグーグル、言葉が難しいと感じる場合はヤフーキッズがおすすめです。

ヤフーやグーグルなどの検索エンジンの使い方が分かれば、いろんな調べ楽手に役立ちます。

 

タブレット教材の進化は驚異的!勉強に集中できる工夫

お子さん用のタブレットをお考えの場合、通信教育のタブレットであれば勉強中心の利用ができます。しかも、アプリを探す手間もかかりません。すべて最初から準備されています。

現在の通信教育のタブレットは格段に進化しています。小学校で使われているタブレットのレベルではありません。各メーカーによって違いがあるのですが、チェックテストから苦手を探したり、分かるまで学習をさかのぼったり、通常なら指導者が必要なことをタブレットがします。

音声や動画で分かりやすく説明してくれるので、勉強は確実に進むのも特徴です。タブレットをお考えの方は、通信教育のタブレットをご検討されるほうが、勉強にはもってこいです。
おすすめは次の5つです。コースがいくつかある場合は、もちろんタブレットコースです。どこも有名で大手なので間違いありません。

・「スマイルゼミ」
・「RISU算数」
・「すらら」
・「Z会」
・「進研ゼミ小学講座」

タブレットを使った小学生の通信教育については、こちらの記事で詳しくまとめています。
>>小学生の通信教育はどれがおすすめ?人気の7つを徹底比較

市販のタブレットと比べてみた場合、きっと驚かれることと思います。それほどタブレット教材の進化には勢いがあります。

もし、ご興味を持たれた場合、無料体験やサンプル資料がある場合が多いので、いきなり入会せずに、いくつか取り寄せて比べてみてください。一番お子さんに合ったものに決めるのがベストです。

-小学生
-,

Copyright© 学びのき , 2020 All Rights Reserved.