幼児・小学生・中学生の勉強の仕方を紹介します

学びのき

小学生

感想を伝えたり書いたりするのが苦手な場合の対処法!小学生が家でできる練習

小学校では、行事や勉強など、いろんな場面で感想を求められます。
子どもの頃に、自分が指名されないようにドキドキしていたことを思い出します。

特に感想を伝えるのが苦手なお子さんにとっては、感想を発表したり書いたりする時間は、苦しい時間となってしまいがちです。

計算や運動等、様々なことが練習することによって上達できます。

今回は、感想を伝えたり書いたりするのが苦手な小学生向けに、家族でできる簡単な練習方法を紹介します。
少しでも参考になればうれしいです。

 

感想が苦手な原因・理由

小学生で感想を伝えることが苦手な理由は、主に次の3つです。

・何を言えばいいかわからない
・言葉が思い浮かばない
・考えがまとまらない

大人でも当てはまることだと思います。
特に「何を言えばいいのかわからない」が最も多い理由です。

何を言えばいいのかわからないということは、何を言えばいいのかわかればOKということでもあります。

いくつかの感想の伝え方のパターンを知り、練習すれば、ある程度感想は伝えられるようになってきます。

何事もそうですが、練習あるのみです。

小学校では、感想を言わなければいけない場面は、よくあります。
授業中が特に多く、物語を読んだ感想、話を聞いた感想、運動をやってみた感想など、意外とたくさんです。

「こんなときには、こんな感想を伝えればいい」というパターンを知り、適切な感想が伝えられるように練習していきましょう。

 

感想を伝える練習方法

小学生で身につけたい感想の伝え方は1つです。

思ったことに理由をつけて伝える。

ポイントは、そう思ったわけ、理由をつけるというところです。

(例)ぼくは、このお話はとても素敵だと思いました。そう思ったわけは、男の子の行動がとても勇気あるものだと感じたからです。

ぼくは~だと思いました。わけは、~だからです。

このパターンを覚えてしまえば、感想は言える・書けるようになります。

 

さて、肝心なのは「思ったこと」の部分です。
ここで何を言えばいいのかわからないということになります。

思ったことの部分は、「いいところを見つける」ようにするといいです。

・すごいと思いました
・すてきだと思いました
・すばらしいと思いました
・かっこいいと思いました
・おもしろいと思いました

まずは、この5つの言葉で感想が言えるように練習します。

【練習1】今日見つけた「いいところ」を、宿題前に伝える。
学校から帰って宿題をする前に、今日一日の感想を親に伝えるようにします。
親が不在のときには、メモ用紙を準備して、一言感想を書くようにします。
期間は1か月間です。2~3分で終わることなので毎日続けるようにしましょう。
(例)今日は○○くんがすごいと思いました。理由は、水泳で100mも泳いでいたからです。

文章としては物足りないような気がするかもしれませんが、感想が苦手な子が言ったのであればすばらしいことです。
まずは、毎日の簡単な練習を、時間を決めて1か月間続けます。

【練習2】毎日の感想を、宿題前に伝える。
1か月間練習することによって、いいところを伝えることに自信がついてきていると思います。
ですが、「感想」にはいいことばかりではありません。悲しい感想もあれば、残念な感想もあります。ときには怒りの感想もあるはずです。
次のステップでは、いいところだけでなく、1日の中で心に残ったことを伝えるようにします。
次の言葉を追加して、自分で選んで言えるように練習します。
・悲しいと思いました。
・残念だと思いました。
・腹が立ちました。
・楽しかったです。
・うれしかったです。
いわゆる『喜怒哀楽』での感情の表し方です。
期間は1か月間、時間を決めて続けます。
1枚の紙に、追加した5つの文を書いておき、それを見ながら感想が言えるように練習していきます。

以上で練習は終了です。

2か月前と比べると、かなり感想が言えるようになってきているのではないでしょうか。
毎日のことなので、この練習は学校よりも家庭でするほうがピッタリです。

ちょっとした練習なのですが、続けることで効果は大きいです。
ぜひ、お子さんが感想が言えずに困っているのであれば、お試しください。

 

まとめ

小学生の子供で感想が苦手な場合、練習することで少しずつ上手になっていきます。

感想の伝え方は、「思ったことに理由をつけて伝える。」です。

最初に、いいところを探して感想にする練習をします。

次に、喜怒哀楽の簡単な伝え方の練習をします。

1つの感想の伝え方のパターンを身につければ、少し自信がつきます。
ここで紹介した方法以外でもいいので、毎日の練習を2か月間ほどがんばってみてください。

-小学生
-, ,

Copyright© 学びのき , 2020 All Rights Reserved.