テストの振り返りシートの書き方と例文

スポンサーリンク

中学校では、定期テストの振り返りシートがあります。学校によって書く内容は違っていますが、多くの学校でテスト後に配られると思います。

振り返りシートは記入して先生に提出するわけですが、どんなことを書けばいいのか悩みますよね。

子供だけでなく、親も記入する必要がある場合もあります。

今回は、テスト後の振り返りシートの書き方と例文についてまとめています。
記入の仕方がよくわからない場合の参考になればうれしいです。

 

スポンサーリンク

テストの振り返りシートの書き方

テストの振り返りシートを書く理由と具体的な書き方を説明いたします。

何のために振り返りシートを書くのでしょうか?

テストが終わって答案や成績が返ってきたときに振り返りシートを記入します。

いったい何のために、テストの振り返りシートを書くのでしょうか?

それは、今回のテストを次のテストにいかすためです。

テストの結果は、テスト勉強のやり方によって変わってきます。

完璧なテスト勉強をすれば、テスト結果はよくなるでしょう。

ですが、いきなり完璧な勉強なんてできません。

自分なりに努力して、できなかったところや効率が悪かったところを改善し、次第に目標とする勉強ができるようになっていきます。

どこを、どう改善すればいいのか

これを振り返りシートを書きながら見つけていくのです。

自分のテスト勉強の改善点が見つかれば、後は実行するだけです。次のテスト勉強のときに、見つけた改善点をいかしながら勉強していくようにします。

繰り返しになりますが、

どこを、どう改善すればいいのか

テストの振り返りシートには、ここを見つけて書くようにします。

振り返りシートの具体的な書き方【中学生本人】

振り返りシートの具体的な書き方について説明します。
振り返りシートは、次のテストにいかすために書くものなので、主に次のことを書きます。

①テスト勉強の振り返り(よかった点や反省点)
②テストの振り返り(よくできたところ、できなかったところ)
③どうすればよくなると思うか(改善点)

テスト勉強とテスト自体をわけて考えます。

最初にテスト勉強の振り返りをしましょう。

テスト勉強の振り返りは、良かった点と反省点を考えます。

【テスト勉強の振り返り 例】
・国語
〇…学校のワークを計画的に進めた
×…漢字の練習が間に合わなかった

次にテスト自体の振り返りをします。

【テスト自体の振り返り 例】
・国語
〇…ワークから出た問題は解けた
×…漢字が書けなかった

2つの振り返りから、どうすればよかったのか(改善点)を見つけます。

【どうすればよくなると思うか 例】
・国語…学校のワークを進めながら、1日5つの漢字を練習していく

国語の例を出しました。数学・理科・英語・社会も同じように振り返りましょう。
きっと改善点が見つかるはずです。

改善点が見つかれば、振り返りシートに記入していきます。

振り返りシートの具体的な書き方【親】

保護者である親も、子供のテストの振り返りを書く場合があります。

なぜ子供のテストを親が振り返るの?

単純に疑問に思うかもしれませんが、子供をサポートするのも親の役目です。適当に書いておくと、子供から見透かされてしまいますから気をつけましょう。

目的はあくまでも、次のテストにいかすことです。

親から見た子供のテスト勉強の様子とテスト結果、願いを書くようにします。

詳しく書くよりも、子供が「次のテストはがんばろう」という気持ちになるような言葉を選んで書くようにします。

「○○がダメだった。」
「○○ができていなかった。」

など、子供のできなかったところばかりを責め立てるように書くのはNGです。
具体的には、次のような内容を書きます。

①テスト期間中、前回よりもがんばっていたところ
②改善できるのではと思うところ
③やる気を引き出す一言

テスト結果は本人が一番よくわかっているので、②は書かなくてもOKです。

【例】①テスト期間中、前回よりもがんばっていたところ
・今回は取りかかりが早く、計画的に勉強を進めていたようです。
・苦手な数学を後回しにせず、遅くまで勉強していました。
・テスト勉強の時間を決めて、最後まで取り組んでいました。
・国語を頑張ることを目標にして、コツコツ勉強を進めていました。
・前回のテストの反省をいかして社会の勉強を頑張っていました。
【例】②改善できるのではと思うところ
・決めた時間を守って勉強できるといいと思います。
・苦手な教科から先に取り組むといいと思います。
・わからないところを質問して、わかるようになれば点数も上がると思います。
・もう少し早くからテスト勉強に取りかかるといいと思います。
・途中休憩が長かったようです。勉強中はスマホは禁止にするといいと感じました。
【例】③やる気を引き出す一言
・目標に向かって努力する姿に成長を感じました。
・やればできると信じています。
・最後まで勉強していた姿勢が立派でした。
・苦手な教科から勉強していたので驚きました。今後が楽しみです。
・結果よりも過程が大切だと思います。次はきっと大丈夫と信じています。

①~③を組み合わせて書くと、振り返りシートは完成すると思います。
それでは、完成した例文です。

 

テストの振り返りシートの例文

テストの振り返りシートの具体的な例文です。

中学生本人用(全体的に書く場合)、中学生本人(各教科で書く場合)、保護者用の3つにわけています。

例文 中学生本人用(全体的に書く場合)

・テスト勉強を早めに始めたが、時間不足だった。特に数学のワークが進まず、最後までたどり着けなかった。理科と社会はノートを中心に暗記し、ワークも終わった。テストでは、数学で解けなかった問題が多かったので、復習をしっかりと行いたい。また、次回は早めに、数学から取り組みたい。
・暗記が苦手なので、地理と歴史から勉強を始めた。1回の練習で内容をおぼえることができなかったので、3回練習して覚えた。テストでも、前回よりも10点上がり、がんばれたと思う。英語の文章作りができていなかったので、これから意識して練習していきたい。次回の目標は、英語の点数を10点上げることだ。
・テスト勉強は、ワークの練習問題を中心に進めた。わからないところは先生に質問するようにし、全部の問題を解けるように練習した。テストでは、練習してきた問題も多く出ていたので、前回よりも正解が多かった。次回は実力テストなので、気を引き締めて勉強に取り組んでいきたい。

 

例文 中学生本人(各教科で書く場合)

【国語】
・教科書を音読し、ノートを何度も読み返して勉強した。読み取りの点数は上がったが、漢字と文法の練習が不十分だった。次回は漢字と文法の練習にも取り組みたい。
・ワークを提出期限までに終わらせようとがんばった。ワークで間違えたところをテストでも間違えてしまった。やり直しが大切だと感じた。
・ノートで授業の復習を進め、ワークは2回解いた。今回のテストは自信があったが、時間が足りずに最後まで解くことができなかった。問題を解くスピードが上がるように練習したい。
【数学】
・わからないところがあったが、そのままにしてしまった。テストで同じ問題が出ていて解けなかった。授業中にわからなかったことは質問して、確実にできるようになりたい。
・方程式は練習したのでよくできていた。図形の回転移動を勉強していなかったので解けなかった。テスト範囲全体を勉強するようにしたい。
・ワークを解いて勉強していたが、テストでは同じところで間違えてしまった。次回のテスト勉強では、間違えたところは2回解いて練習しておく。
【理科】
・光と音について、教科書をよく読み、ワークで問題を解く練習をした。いつもの勉強よりも時間がかかったが、自分なりに自信が持てた。テストでも手ごたえを感じていたが、2つ間違えていた。どちらもケアレスミスだった。次回のテストでは、解き終わった後の見直しを必ず行う。
・力のはたらきの単元テストを復習し、ワークも2回解いた。地震のところまで勉強が間に合わなかった。その結果、力のはたらきの問題はよくできていたが、地震の速さや穴埋め問題ができていなかった。次回のテスト勉強では、テスト範囲の勉強が全部終わるように早めに始めたい。
・前回の反省をいかして早めに勉強を始めた。テスト範囲のワークを3回解いたので、勉強した内容がよく頭に入っていた。テスト問題も、自分なりに解くことができ、点数も前回よりも上がっていた。わからなかった問題を何度も解くことが大切だと思った。
【英語】
・ワークとミニテストの復習をがんばりました。テストで同じような問題が出ていたのに、できませんでした。間違えた問題は、もう一度ノートに練習するようにしていきたいと反省しました。
・先生のアドバイス通り、教科書を何回も読んでノートに写しました。いつもは難しくて、何を書けばいいかわからないワークも、スムーズに書くことができた気がしました。テストの点数も少し上がったのでうれしかったです。教科書を読むことを大切にしていきたいです。
・テスト勉強は、ノートの復習を中心に進めた。授業中に取っていたメモが役に立ったと思う。テストでは、授業で詳しく説明されていた文が出ていたので、問題を解くことができた。ワークの時間が足りなかったので、次回はワークもがんばりたい。
【社会】
・苦手な地理に時間がかかるので早めに取り組んだ。ノートの復習とワークを解き直しまでできた。歴史のテスト範囲の後半部分が不十分だったが、前回よりも勉強できたと感じた。テストでは、記述する問題以外は解くことができた。次回は、記述練習をしっかりと行うようにする。
・暗記が苦手なので、間違えた問題を何度もノートに練習するようにした。同じことを5回は書いたので気づいたら覚えていた。何度も書くことが大切だと感じた。テストでは、出来事のならびかえ問題が難しかった。なぜそうなったのか考えながら勉強するようにしたい。
・授業で配られたプリントをノートに解き直して勉強した。特に歴史の勉強には力を入れた。北アメリカの工業とオーストラリアの気候の問題をテストでは間違えた。復習して、次は解けるようにしておきたい。

 

例文 保護者用

・今回のテストは、スタートが早く、こつこつ進めていました。わからないところがあると兄に質問し、納得しながら勉強していました。よくできた部分とできなかった部分があったようですので、次のテストにいかしてがんばってほしいと思います。
・テスト勉強に取り組むのが遅れたようです。後半になって慌てて勉強していました。自分がどこを頑張るべきかわかっているので、次回は早めに始めて欲しいです。やればできる。
・前回よりも成績が上がっていて本人も喜んでいました。毎日時間を決めて勉強したことがよかったようです。テスト前だけでなく、普段から時間を決めて勉強してくれることを望みます。
・前回のテスト結果が悔しかったらしく、いつもよりも勉強に熱が入っていました。今回は自信があったようですが、本人の目標とするところまでは至らなかったようです。次回に期待します。
・テスト勉強の期間中は、家族もテレビを消して協力しました。勉強中、わからないところがあるとイライラしていましたが、翌日先生に質問して理解できると、スッキリした顔で勉強できていました。5教科中3教科の点数が上がったと喜んでいました。これからも、壁にぶつかったときに、どう行動すればいいのかを考えながら勉強を進めて欲しいです。

何を書こうか、どうんなことを書けばいいのか困っ

タイトルとURLをコピーしました