幼児・小学生・中学生の勉強の仕方を紹介します

学びのき

小学生

小学生の子供の勉強を親がみるときの注意点!子供を伸ばすポイント

子供が小学生の場合、宿題を親が教えるという家庭はかなり多いと思います。わからないところは親が教えているのです。

ですが、親が子供の頃と今とでは、学校の教え方は違います。

変な教え方をすると子供にとってよくないのでは?
この方法、今と違うのかしら?

教えながらも「これでいいのかな?」と不安に感じることもあるのではないでしょうか?

昔と違う今の勉強を家庭で親が教える場合、ちょっとしたポイントを押さえておけば大丈夫です。

今回は、小学生に親が勉強を教える場合の注意点についてまとめます。

 

子供に家で勉強を教えるときの注意点

親が子供に勉強を教える場合、特に多いのが学校の宿題だと思います。特に多いのは国語と算数です。

国語と算数では注意点が若干違います。

国語の宿題でわからないところを聞かれた場合は、次のことに注意して教えてあげましょう。

【国語の注意点】
・物語や問題文など、全部いっしょに読む
・問題で「何を聞いているのか」を確認する
・答えが書かれている文章に線を引かせ、どうやって答えを見つけていくのか教える

ポイントは、「答えを教えない」ということです。

問題文をいっしょに読むことで、「こんなふうに答えを見つけていくのよ」ということを教えていきます。

国語で多いのは、よく問題を読まずに「わからない」ということですので、問題をじっくり読むようにすれば、自分で答えを探せる場合も多いです。

線を引かせるようにするのは、答えの見つけ方を教えるのと、間違えたとき「どこで間違えたのか」がわかるようにするためです。ぜひ習慣にしましょう。

 

算数の宿題でわからないところを聞かれた場合は、次のことに注意して教えてあげましょう。

・問題文を声に出して読む
・どうやって式をつくる、図形をかくのかやって見せる
・同じことを子供にさせる

算数で多いのは、問題の意味がわかっていないということです。

特に文章問題が多く、問題をイメージできていません。

ですから、問題を読んで、簡単な図や絵をかいて教えるようにするといいです。

 

国語も算数も共通していることは、親が問題を読み、解いてみて、子供にさせてみるということです。

まずは親が宿題を考える必要があります。

ただ宿題をさせるだけではもったいない。せっかく親が教えるのですから、ついでに子供を伸ばすようにしていきましょう。

 

子供を伸ばすポイント!

子供を伸ばすために一番大切にしてほしいことは、「勉強がわかってよかった」「教えてもらってよかった」という気持ちです。これがやる気につながります。

家での勉強で最重要なのは『子供のやる気』を育てるということです。

そのために次のことを大切にしてください。

・怒らない
・子供と一緒に考えるというつもりで
・上から目線で教えない
・いきなり答えを教えない
・解いていく方法を教える

わが子に教える場合、つい感情的になってしまう場合があります。これはよくありません。

「これくらいもわからないの?」
「学校で先生の話をちゃんと聞いているの?」

子供にとっては、「わからないところを親に聞いたら、怒られた…」となってしまいます。絶対にやる気は育ちません。次第に親に聞かなくなっていきます。

親としては、ついついわかって欲しいあまり気持ちが高まってしまいます。これをセーブするのは難しいです。でも、一歩下がって冷静に教えるように心がけてください。

勉強も学年が上がれば難しくなっていきます。親もわからなくなっていきます。それでも、子供と一緒に考えるようにしていけばいいです。一緒に教科書を読んだり、スマホで調べたりする姿から、子供は学んでいきます。

-小学生
-,

Copyright© 学びのき , 2020 All Rights Reserved.