幼児・小学生・中学生の勉強の仕方を紹介します

学びのき

小学生

算数が苦手な小学生のための勉強方法!苦手は克服できる!

小学生にとって算数は「得意・苦手」がはっきりと分かれる教科です。計算の仕組みや答えにたどり着くまでの考え方など、一旦分かるようになれば難しくないのですが、分からなくなると完全にやる気も出なくなっていきます。

算数が苦手なお子さんの多くは、これまでの学習のどこかで「分からないところ」があります。その分からないところをなくしていくことで、苦手な算数は克服できます。

ここで分かること!
・算数が苦手な理由
・苦手な算数の勉強の仕方

 

算数が苦手な理由

自分が確実に理解していることは“得意”と感じます。よく分からないことは“苦手”と感じます。算数が苦手と感じる一番の理由は、「分からないところがある」ことです。

これまでの算数の勉強の中で、どこかに理解できていないところがあります。しかも複数の場合が多いです。例えば、お子さんが4年生の場合、1~3年生の勉強のどこかで理解できていないところがあるはずです。

お子さん自身が、どこが分かっていないのか気づいていればいいのですが、気づいていない場合がほとんどです。

算数の苦手の克服の難しさは、この「分かっていないところ」探しが難しいからです。

「どこが分からないの?」

お子さんに質問しても、正確に答えられません。自分でも分からないから困っているのです。

塾や家庭教師は必要か?

必要ではありません。普通の塾や家庭教師はおすすめできません。その理由は、算数がもっと苦手になる場合もあるからです。そもそも、なぜ算数が苦手なのかということを考えてみてください。どこかでつまずき、分からないところが増えてきたからです。それなのに学校と同じように一斉に指導される塾に通っても、ただついていけないだけです。

まずは苦手の克服が一番先にすべきことです。しかも家庭でするべきことです。

個別指導で、分からないところを付きっきりで教えてくれる塾や家庭教師なら話は別です。お子さんと相性がよければ、大きな成果が期待されます。

苦手な算数を克服する勉強方法

苦手な算数を克服するには、まずは理解できていない部分を探し出し、丁寧に復習していく必要があります。つまずきチェックテストでお子さんの苦手を探し、教科書で復習していきます。

勉強の方法さえ間違わなければ、算数苦手は必ず克服できます。

つまずきチェックで分からないところを探す

まずは、お子さんがどこでつまずいているのか、どこが理解できていないのかを見つけていきます。やや親の根気が必要なところですが、がんばりましょう。

準備するものは、1年生から今の学年までの教科書、算数のドリルです。多くの小学校で、算数はドリル等が準備されます。計算問題などがたくさんあるものです。すでに処分して持っていない場合は、簡単なドリルを準備した方がいいです。無料のものもありますが、お子さんが計算を書きこんで勉強していきますので、これまでの勉強が全部入っている問題集がいいです。

前学年のドリルから問題を解いていかせましょう。全部解く必要はありません。単元の中の5~6問でOKです。

さっぱり分からないところが出てきます。そこが苦手の原因になっているところです。ここで中断せず、他にも分かっていないところがないか探し出します。全部出そろってから、教科書を使って復習を始めます。

分からないところは教科書で復習

お子さんがつまずいているところが分かった場合は、その単元の勉強について教科書を使って勉強し直します。

教科書を読み、教科書に載せてある問題をノートに解いてみます。学校で勉強した当時は理解できなかったかもしれませんが、2回3回と復習していけば必ず分かるようになっていきます。

算数のドリルは簡単なものを使う

教科書での復習が終わったら、次は簡単な練習問題をします。復習したことを確実に理解していくことと、自分に自信をつけていくためです。一度自信がつくと、お子さんは算数を難しく感じなくなっていきます。自分から勉強し、得意になるお子さんが多いのも算数です。

 

中学受験で算数がある場合

お子さんが中学受験をする場合、算数の試験勉強が必要になります。これまでの勉強で算数に自信をつけているなら、塾に通うことをおすすめします。先ほどは進めませんでしたが、苦手克服をした後は別です。

塾をすすめる理由は、受験対策が必要だからです。学校の授業では、受験対策までできません。受験対策は自分で進める必要があるのです。塾には、過去の受験データがあります。問題の傾向や難易度、面接のノウハウなど、塾でしか学ぶことができません。中学受験がある場合は、間違いなく塾に通わせましょう。なるべく大手の進学塾がおすすめです。

 

まとめ

苦手な算数は、分かっていないところを丁寧に勉強し直すことで克服できます。面倒なのですが、前の学年の勉強で分かっていないところをチェックテストで探し出す必要があります。ここは子供だけでは難しいので、親の手助けが必要です。

算数は、勉強方法が分かると得意になっていく教科です。苦手な様子が見えたら、早めに振り返りの勉強をさせるようにしましょう。学校におまかせは難しいですよ。ここは親の出番です。

-小学生
-,

Copyright© 学びのき , 2020 All Rights Reserved.